料理の盛り付けと余白

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

余白と料理。一瞬全く関係のないように思われるかもしれませんがお料理を盛り付ける時にはとっても大切なことが3点あります。それは「彩り」「高低差」「余白」この三つが大切な要素となります。お料理を盛り付ける時に何気なくざっと置くのではなく高さを守ることによってボリュームが出ますし美味しそうに見えます。同系色での盛り付けではアクセントが無く間延びしたものとなりなす。日本料理ではあしらいとよばれるものがアクセセントとして、見た目にはもちろん味にも一役買っています。

さて、料理の盛り付けにおける余白に話を移しましょう。フランス料理などのおしゃれなレストランに行った時にとても大きなお皿に真ん中にちょこっとお料理が乗っていてその周りにソースがチャット線でかかれてる。このイメージです。余白があるからこそ、お料理の格が上がり美味しそうに見えます。そして豪華にも見えます。 余白が品格を表す。空いたスペースにその人それぞれの思いを馳せてお料理を楽しむことができるのです。

料理の盛り付けと余白” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA