余白と会話

会話における余白というのは「間」という言葉でよく表されます。読書における余白は「行間」になるでしょう。人と会話をしている時に沈黙が続くとなんか気まずい思いがするということで、ずっと喋り続けているという光景が見られます。こうすることによって人は大変疲れますし落ち着かなくなるわけです。なので人の話を聞いた時はまず頷いて、そしてその方の言ったことに対して疑問や質問があれば質問をし、そしてその話を掘り下げていく。もし自分も同じような経験があったとしても自分のことは話さずに相手の話を掘り下げていく。こういった心遣いも会話に「間」を作り出すのです。会話の間ができることによって会話がとても心に残るものになり相手に圧迫感を与えません。余白は会話にとっても、とっても大切なのです 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA