日本独特の美意識

日本と海外との大きな  美意識の違いは、 余白があるかないかです。

絵画を例にとってみましょう。日本は古来より大和絵など平面において絵を描いていました。一方で西洋ではキャンバスを立てて、そして絵を描いています。この違いは何かと言うとキャンバスを立てることによって対象物と画面が同一視できるので、ありのままを移し取ろうという姿勢になります。一方で日本では地面に画面を置いているために、一度目に焼き付いた風景を一旦地面に落とさねばなりません。こうすることによってその瞬間の時間のずれで目から入ったものを脳で一旦解釈し、そして再度描く。浮世絵を見たセザンヌが驚いたのはなぜかと言うとそういう発想が西洋には育たなかったからだと思います。この日本独特の美意識「わび・さび」や余白は、現代人の私たちも引き継がれ大切に しなければならないのです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA